ギモン解決!新築アパート投資

中古は飽和状態の今建てるなら新築で

ホーム > 新築のアパートの投資について > 中古は飽和状態の今建てるなら新築で

中古は飽和状態の今建てるなら新築で

中古のアパートを購入して、不動産投資に乗り出す人が多いです。
しかし中古のアパートは購入費用は新築に比べると比較的安いのは事実ですが、修繕費用などが掛かることが考えられます。
特に築15年や30年で売りに出されている中古のアパートやマンションは、ちょうど修繕の時期に差し掛かっているので、購入費用にプラスしてリフォーム等も施さなくてはなりません。
そうなると想定していた利回り等は当然ですが低くなってしまいます。
さらに中古の場合には、新築に比べると入居者が付きにくい傾向にあります。
立地が良ければさほど問題ありませんが、そうでない場合であれば、一度空室が出てしまうと次の入所者がなかなかつかないことも想定しておかなくてはなりません。
中古のアパートを購入するときにはこのようなリスクも考えておくべきなのです。


しかし新築のアパートならばそのようなリスクはなくなります。
では新築のアパートを建てたり購入するメリットとデメリットはいったいどのようなものがあるのでしょうか。
まずメリットは新築ですから、外壁も大変美しく内装もきれいです。
それに加えて設備ももちろん新品ですので当然ですがすぐに故障するということは考えられなくなります。
中古の場合だと築10年くらいから設備の故障が目立ち始めると言われますので、新築の場合にはほぼ10年は安泰というわけです。
さらに入居者もすぐにつく可能性があります。
新築の場合には誰も使ったことのない部屋を貸すわけですから、当然ですが入居者にも喜ばれます。
さらに入居1か月目はフリーレントなどにしてみると、さらに入居者に困ることもなくなるかもしれません。


では新築のデメリットは何なのでしょうか。
それは購入費用や建築費用が割高になるということです。
新築の場合には土地を所有しているならば、建物代金だけで済みます。
しかし土地から購入する場合には、それ相応の費用が必要になります。
それをきちんと考えて利回り等も計算してから、購入するように心がけましょう。
そしてそのアパートの周辺環境、特に駅からどのくらいなのか、商業施設はあるのか、そして近所に嫌忌されるような施設がないか、などを考えてから実行に踏み切りましょう。
中古のアパートはすでに飽和状態にあります。
周りのアパートなどと差別化を図りたければ、新築のアパートのほうが断然有利です。
しかし投資をする前には、きちんと勉強をしてから実行することを忘れないようにしましょう。