ギモン解決!新築アパート投資

新築アパートは土地ありか土地なしか

ホーム > 新築のアパートの投資について > 新築アパートは土地ありか土地なしか

新築アパートは土地ありか土地なしか

不動産投資を始める場合には、地主の場合ならばすでに土地を所有しています。
しかしサラリーマン大家などの場合には、土地から購入して始める場合があります。
一見土地を所有していた方が有利に見えます。
なぜならば土地があればアパート経営の利回りも必然的に上がるからです。
しかし土地があってもなくてもそれぞれに、メリットとデメリットがあるものです。
まずは土地を所有している場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
土地がある場合にはまず当たり前ですが、土地を購入する必要性がありません。
上物の建設費用だけで済みます。
それにより新築のアパートであってもかなりの高利回りを期待できます。
そのために金融機関からの借入金も全額借りる、いわゆるフルローンを利用してもリスクは小さくなります。


しかし土地を所有している場合でも、デメリットはあります。
それはその立地が良くないケースがあるからです。
土地を持っていても駅から相当離れていたり、周りが田んぼや畑ばかりで人気の全くないような場所であれば、アパートを建ててもリスクが上がってしまいます。
特に地主の場合には、そのような土地を多く所有している人もいます。
何も考えずにアパート建設メーカーの話に乗って、アパートを建てることは避けたほうが良いでしょう。
大切なことはその地域の特性や人口動向を把握してから望むことです。
では土地がない場合にはどうでしょうか。
土地がない場合のメリットは、一見すると不利に見えます。
しかし自分でアパートを建てる土地を選べることが出来るのです。
土地がある場合にはその様な事は出来ません。


しかし土地から購入してアパートを建てる場合には、金融機関からの借入金が大きくなるというデメリットがあるのです。
その借入金をできるだけ小さくするためには、アパートの建設費用を抑えることも重要ですが、安い土地を探すことも大事になります。
坪単価が出来るだけ安い土地を探して、新築アパートを建てることが重要です。
もちろん安ければ良いというわけではありません。
その地域の人口動態を把握することは言うまでもありません。
新築アパートは中古アパートと比べると、値段も高く利回りも低くなります。
しかし入居者にとっては新しいに越したことはありません。
もしも建てる時にはきちんと投資の勉強をして、入居者が喜ぶような間取りや構造のアパートを建てることを考えましょう。
それが成功の秘訣と言えます。

次の記事へ