ギモン解決!新築アパート投資

新築アパート投資の知っておきたいデメリット

ホーム > 新築のアパートの投資について > 新築アパート投資の知っておきたいデメリット

新築アパート投資の知っておきたいデメリット

新築アパートを踏まえての投資にはデメリットがあります。
まず、時代と共に木造は避けられるようになるデメリットがあります。
アパートのケースでは、木造によって建築されるケースが多いため音の不安があります。
ひとつの例として、RC造ならば、周りをコンクリートを活用することによって覆うことから防音効果が高いです。
しかしながら、木造であれば音漏れの可能性があります。
入居者のニーズとしましても、木造アパートに比べてRC構造が非常に多い賃貸マンションの評価が高くなる傾向が見られます。
さらに、アパートに関しては住居の家賃が下がり易いといえます。
アパートは、マンションと比べ住居の家賃の下落率が高くなってしまいます。
住居の家賃の下落に関しては収益悪化に結び付くので気を付ける必要があります。
例を挙げると、新築の時の住居の家賃が続くということで返済をプランニングすると計画どおり進まなくなります。


また、融資の期間を長くすればキャッシュフローがでなくなるケースがあります。
融資期間が長くかかると、キャッシュフロー合わなくなるケースがあります。
ひとつの例として、融資期間が35年とした場合、木造の法定耐用年数自体が22年ですから減価償却費の計上のみが22年で完了します。
要するに、収入額から引くことが可能な減価償却費が消失すると、実益を多く手にしたことになるので税金が高くなってしまいます。
返済及び税金の支払いによって現金が残らないかも知れません。
さらに、アパートに関してはなかなか売れにくい点も注意が必要です。
将来的に何かしらの事情によって売却せざるえない場合もあり得ます。
しかし、アパートについてはそう簡単に処分できないというリスクを負うことも考慮する必要があります。


加えて建設している間に建設会社が経営破たんするケースもあります。
すでにあるアパートを買い入れるケースとは相違して建設に因るリスクを負う可能性があります。
請負に因る建築においては建築している間の物件の所有権そのものが建設会社にありますので、物引渡しなど色々な問題が発生します。
さらに、アパート建設に因るコスト削減で建造物に欠陥が出現するケースがあります。
RCの賃貸マンションではなく木造アパートを建築するのは、コスト軽減が目的といえるでしょう。
しかしながら、こうしたコスト軽減が手抜き工事に結び付くことが多いです。
入居者に関しては、新築を信用して居住するので欠陥がある場合、自明のことですがトラブルに陥るでしょう。
また、考えていたアパートの大きさと異なる物が出来るケースがあります。
建築会社のプランどおりをイメージしていると予想外のことも発生します。
ですから事前確認を欠かすことができません。

次の記事へ