ギモン解決!新築アパート投資

新築アパート投資を行うデメリットとリスク

ホーム > 新築のアパートの投資について > 新築アパート投資を行うデメリットとリスク

新築アパート投資を行うデメリットとリスク

最新設備を実装して最近の日常スタイルにピッタリ合う新築アパートは、中古物件と見比べてみても安定需要が望めますが、デメリットも存在します。
まず第一にデメリットとして過去の実績がない為建てても入居者が絶対に集まるという保証はないことがあります。
それに加えて、採算が取れるまでに時間がとられます。
不動産会社へ管理委託してスタート時の入居者が見つかっても、入居者を求めている間のコマーシャル費として2ヶ月相当分の住居の家賃を徴収される可能性が高いため、実益がもたらされるのは入居がスタートしてから3ヶ月後になってしまいます。
それのみならず、新築物件にあたっては購入費用に建物及び土地の価格が含まれていることから、出資分を回収するまでに時間を費やすというウィークポイントがあると言えるでしょう。


新築物件のケースでは購入費用に建物及び土地の価格が組み込まれているため、家賃設定を上昇させない限り利回りが相対的に低くなります。
だいたい新築物件を見て利回り5から7%が多いことを考えますと、高い利回りの中古物件を活用するよりはリスクが高いと言えるでしょう。
中古物件のケースでは、高い利回りの物件ならば10%程でリスクが低いですが、修繕費などがたくさん生じてしまうと利回りはそれほど変わらなくなります。
また、入居者の確保まではキャッシュフローがマイナスになります。
建築や購入を実施する際は、絶対にキャッシュで買い入れる訳でなく融資を受けつつ不動産投資をスタートする人のほうが多いでしょう。
不動産会社へ管理委託しスタート時の入居者を見いだすことができたとしても、利益がもたらされるのは3ヶ月後です。
入居者を探し出せればいいですが、入居者が見つけられない場合さらに家賃収入が先送りされることから、スタート時から返済計画がシビアになるでしょう。


新築アパート投資にはリスクが潜んでいます。
まず マンションと照らし合わせると劣ってしまう点があります。
アパートに関しては立地の劣る所に建てられることが珍しくありません。
その理由は、立地が良いと資産価値が高額になり税金も上がるため、住居の家賃収入をアップさせることが求められるためです。
入居者数を増加させるために非常に大きな賃貸マンションが必要になります。
また、アパートに関しては住居の家賃が下がり易く、空室のリスクが大きいといえます。
木造のケースでは、老朽化がスピーディーなので住居の家賃を低下させることで対応するのが通例です。
老朽化が進行すれば空室のリスクも上がってしまいます。
また、アパート投資のローン環境が悪化するリスクがあります。
現在アパート経営に需要があります。
しかしながら、時と場合によっては規制するかもしれません。

次の記事へ