ギモン解決!新築アパート投資

新築アパート経営に投資するメリット

ホーム > 新築のアパートの投資について > 新築アパート経営に投資するメリット

新築アパート経営に投資するメリット

資金を投資してアパート経営を想定している人の中には、新築アパートが理想的なのか、中古アパートが良好なのかということで行き詰まっている人は多いかと考えられます。
新築アパートについては、物件価格がとても高く利回りそのものがそれほど高くないというウィークポイントがあるものの、中古物件と照らし合わせると、入居率であるとか賃料が高水準といえ、融資がつき易い、維持のための費用が少ない、物件において不備があった時の保証が備わっているといったアピールポイントがあります。
まず、中古と照らし合わせると値段は非常に高いが、空室リスクがあまりないという点は大きなメリットといえるでしょう。
実際にアパート経営を実行する上で重要なポイントとして挙げられるのが、空き室をいかに減らすかということです。


新築アパートについては中古アパートと比較対照すると物件価格はとても高いものの、新築という観点から入居者サイドから選定されやすく、アパート経営をスタートする時点での空室リスクはとても少なくなります。
それに加えて、入居希望者が非常に多いと見込まれるケースでは、近辺の住居の家賃相場よりも有利に賃料を設けることもできるので、満室経営にして非常に高い賃料で一歩踏み出すことも困難ではありません。
また、融資を理想的な処遇で引き易いといえます。
新築アパートについては、スタート時の収益性がとても高いこと以外にて、建物並びに設備なども最新であるので周辺物件と照らし合わせると入居がつき易く、それ以降も安定感がある運営管理を実現しやすいという有利性があります。
融資を実施する金融機関も、新築物件は賃貸の収益性を読みやすいことから、頭金や金利の水準、返済期間といった条件についても優遇をしてもらい易くなります。


また、修繕費といった維持コストが掛かりにくい 点もメリットです。
新築については、建物や設備が新しいので、異常動作や修繕のための費用が中古物件と照らし合わせると少なく済むというアドバンテージがあります。
その上、屋上防水や外壁塗装、さらにガス給湯器など建造物全体の大規模修繕工事は15年位の期間で行われることから、新築物件に関しては開始後10年~15年に至るまでは修繕に取り組むことなく実益を生み出すことが可能です。
また、 瑕疵担保責任が10年あり安心感があります。
新築物件には瑕疵担保責任という物件に欠陥があった局面で売り主に損害賠償請求ができる権利が10年保証されています。
そのため、何かしらトラブルがあったとしても保証を利用することによってカバーできます。

次の記事へ